吉野ビジターズビューロー最新情報

吉野観光の最新情報をお伝えします

「見聞悠学之旅2019」第一弾は「国栖奏を学ぶ旅」

吉野に関わる歴史・伝統芸能・文化・自然を満喫できるツアー「見聞悠学之旅」。
2019年の第一弾は、毎年好評をいただいている「国栖奏を学ぶ旅」です。

国栖奏(くずそう)は、毎年旧正月十四日に天武天皇を祭る浄見原神社で古式ゆかしく行われる祭礼です。
舞翁や笛翁、鼓翁、歌翁ら12名が神官に導かれて舞殿に登場し、朗々とした歌翁の声とともに、舞翁の振る鈴の音が冷えきった空気にこだまします。

今回のツアーでは、吉野川を一望できる「平宗」吉野本店の2階で、映像を交えつつガイドの方から国栖奏について学んでいただきます。

昼食は吉野の名物「柿の葉寿司」。この日だけの特別メニューをご賞味いただけます。

そして吉野川を上り、国栖奏が行われる浄見原神社へ。
エメラルドグリーンの「天皇渕」を眼下に見おろす断崖の上に建てられています。

帰りは吉野の手造り醤油屋さん「梅谷醸造元」でお買い物をしていただけます。

25名様限定のツアーですので、お申し込みはどうぞお早めに!

 

 

■2019年2月18日(月)「国栖奏を学ぶ旅」
■参加費:7,300円(バス代・ガイド・昼食・保険付)
■集 合:近鉄  大和上市駅 午前10時30分
■定 員:25名(最少催行人数15名)
■コース:大和上市駅→「平宗」吉野本店(説明・昼食)→浄見原神社→梅谷醸造元→15:30頃 大和上市駅
【→ バス】

お申し込みはこちらから↓

吉野山紅葉情報 12月4日現在

吉野山の紅葉は、桜から楓そして山々の広葉樹へと移り、車を走らせると、ところどころに遅れもみじの赤とだいだい色が目に入ってきます。
五郎平茶屋付近(オイノタニ)の楓やイチョウは、まだまだ色あざやかに私たちの目を楽しませてくれます。
今は、お車で吉野山をぐるっと廻られるのもおすすめです。

吉野山紅葉情報 11月26日現在

本日(11月26日)は、穏やかな気候になり、吉野山は早朝から紅葉狩りのお客様がたくさんお越しになられていました。吉野山は、桜もみじから楓もみじへと移り、楓もみじから樫やクヌギの雑木へと移っていく、色彩の移り変わりがとても綺麗です。

紅葉もいよいよ終盤です。下千本や中千本の紅葉も今月末頃まででしょう。

 

吉野山紅葉情報 11月20日現在

吉野山は、桜もみじが終わり、楓もみじも見頃を少し過ぎた状況です。
昨日(11月19日)は、あいにくの雨模様でしたが、霧の中に浮かぶ楓もみじはとても幻想的で、道に広がる落ち紅葉が雨露に光り、目にも鮮やかでした。
昨日の雨で落ちもみじは滑りやすくなっています。特に奥千本の西行庵は道のぬかるみもありますので、足元には十分お気を付けください。

吉野山紅葉情報 11月13日現在

吉野山の桜の紅葉は、盛んに落葉していますが、山のところどころにはまだ残り、楓もみじの紅葉と相まって、滝桜(上千本)などはまだきれいに見ることができます。

奥千本の西行庵周辺の楓もみじは、見頃を少し過ぎ落葉が始まっています。

下千本の七曲り坂や近鉄吉野駅付近の紅葉は、ちょうど見頃になってきました。

今週末には、上千本から中千本の紅葉も見頃になると思われます。

※混雑の状況により、吉野山下千本駐車場から勝手神社の間、交通規制(下り一方通行)

が行われる場合がありますので、お車でお越しのお客様はご注意ください。

吉野山紅葉情報 11月7日現在

吉野山の紅葉状況を更新いたしました。

桜の紅葉は、そろそろ見頃が過ぎ、落葉が盛んです。

桜に代って、楓もみじの紅葉が始まりました。

すでに、奥千本の西行庵や高城山展望台は見頃を迎えています。高城山展望台に通じる坂道は、落ちもみじで敷き詰められてとてもきれいです。

また、下千本の近鉄吉野駅付近も楓もみじが見頃を迎えています。駅舎に雪崩れこむような大木の真っ赤な紅葉は圧巻です。

 

 

吉野山紅葉情報 11月1日現在

吉野山の紅葉状況を更新いたしました。

11月3日からは、金峯山寺蔵王堂の御開帳も始まりますし、紅葉のライトアップも行われます。

ライトアップの場所は下千本駐車場付近、中千本仁王門付近、中千本操車場付近で、17時~21時ごろの予定です。

 

秋の吉野山臨時バス運行について

ケーブル千本口駅⇔ケーブル吉野山駅を運行するロープウェイが運行休止中のため、11月の土・日・祝日に限り、奈良交通の臨時バスが運行されます。

 

1. 運行日程

平成30年11月3日(祝)~11月25日(日)までの土日祝日(9日間)

2. 運行区間

近鉄吉野駅―中千本公園(途中無停車)

3. 所要時間

約20分

4. 運賃(片道)

大人 360円

こども 180円

※現金・CI-CA・全国交通系ICカードがご利用いただけます。

5. 運行時間

・近鉄吉野駅発 9:35 /10:35 / 11:35 / 12:35 / 14:35 / 15:35 / 16:35

・中千本公園発 10:00 / 11:00 / 12:00 / 13:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00

※満車の場合はご乗車いただけませんので、予めご了承ください。

【お問合せ】

奈良交通 お客様サービスセンター TEL:0742-20-3100(8:30~19:00/年中無休)

【情報更新】≪ようおまいり!吉野≫ 「国栖道 花万葉の道を歩く」 参加者募集中!【終了しました】

台風の影響により2018年9月29日(土)に開催を予定していた≪ようおまいり!吉野≫ 「国栖道 花万葉の道を歩く」の開催日が11月23日(金・祝)になりました。

日本最古の歌集『万葉集』には、150種以上もの植物が登場します。
吉野を詠った和歌は100首近くあり、吉野宮があったとされる宮滝では多くの和歌が詠まれました。
今回は万葉植物研究家の尾上ツヤ子先生に同行いただき、天武天皇ゆかりの地として知られる国栖(くず)から宮滝にかけての道を、吉野川沿いに歩きながら季節の万葉植物を楽しんでいただきます。

葉が綺麗に色付く紅葉の時期ですので、山と川に囲まれた道を歩くのはとても気持ちがいいです。
どうぞお気軽にご参加ください!

■開催日
2018年11月23日(金・祝)

■集 合
近鉄 大和上市駅 9:20

■スケジュール■
9:20 近鉄 大和上市駅 集合===国栖の里(浄見原神社)‥‥(昼食)‥‥宮滝===15:30 大和上市駅 解散予定
(※ ===バス ‥‥徒歩)

■イベント参加費
3,000円(弁当付き)※現地交通費(バス利用の場合200円×往復)が別途必要です

■持ち物
雨具(ポンチョのようなものが最適)、水筒、タオル、常備薬、着替え、リュック等

■募集人員
20名(満席になり次第受付終了)/最少催行人員 2名

 

 

お申し込みはこちらから↓

11月10日(土) 日本遺産・吉野美林歩きと 秋いろ草木染め体験 in 川上村・匠の聚【終了しました】

 

 

≪吉野三町村雇用創造協議会企画≫

日本遺産である奈良県の吉野美林。
特に川上村は日本有数の多雨地域であり、源流からの豊かな水資源を活かし、吉野林業の発祥の地として栄えてきました。

『匠の聚』周辺には人口美林と広葉樹の森が広がり、四季折々の山の表情を楽しむことができます。

今回のイベントでは散策をしながら集めた落ち葉や木の実を、木々の香りを楽しみながら高級シルクのストールに染めてみましょう。

自然素材だけを使った、自分オリジナルの秋の色をお持ち帰りください。

 

 

■スケジュール

10:45 『匠の聚』集合
– 講師の紹介と草木染めの説明 – 森の中をウォーキングしながら落ち葉や木の実の収集

12:00 昼食(『匠の聚』特製しし鍋ランチ)

12:40 草木染め開始

15:40 終了・解散
日帰りツアーですが、希望者は『匠の聚』のコテージに 前日または当日宿泊が可能です。※要予約

 

 

■開催日
平成30年11月10日(土)

■参加料金
9,800円(昼食込)

■持ち物
雨具

■集合場所
匠の聚  奈良県吉野郡川上村東川135 TEL 0746-53-2381
※公共交通機関でお越しの方は… 9:20近鉄大和上市駅集合→9:25発やまぶきバス乗車→10:04木工の里バス停着 →タクシーで『匠の聚』へ(復路は16:10西河口バス停発のやまぶきバスに乗車) バス乗車料金200円とタクシー代900円(片道)は各自現地でお支払いください。

■募集人数
10名(最小催行人数4名)

■注意事項
・山歩きをします。場所によっては急な傾斜があり、健脚向きのルートです。
自信のない方には染織体験のみのご参加にも対応しますので、ご相談ください。
・必ず歩きやすい靴と服装をご準備ください。
・草木染の染料が付いてもいい服装をご準備ください。
・雨天の場合は行程を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

お申し込みはこちらから↓

« Older posts