吉野ビジターズビューロー最新情報

吉野観光の最新情報をお伝えします

Author: 長谷政和 (page 1 of 2)

朝日カルチャーセンター 吉野ビジターズビューロー協力講座 吉野塾

吉野は奈良県の中部に位置する、桜で有名な美しい町です。
この地にはたくさんの世界遺産、日本遺産があります。
地元だからわかる吉野の歴史・伝統芸能・文化・自然を満喫できる、とっておきの講座をご紹介いたします。

 

≪吉野塾講座内容≫

1. 吉野・櫻本坊の聖観世音菩薩と銀木犀 なら六観音華絵巻①~宝聚堂特別拝観とお抹茶~

記念すべき1回目は天武天皇創建による、修験道根本道場、吉野の櫻本坊(さくらもとぼう)を訪ねます。住職の講話と宝聚堂特別拝観、樹齢350年の県天然記念物銀木犀や地元で親しまれる“こばしの焼き餅”とお抹茶、ダルマみくじなどをお楽しみいただきます。六観音華絵巻のオリジナルポストカードプレゼント。

【講師プロフィール】
井光山五臺寺 大峯山護持院 櫻本坊住職
巽 良仁(たつみ りょうにん)
1960年生。上智大学哲学科卒業。1981年に櫻本坊第67世住職拝命。現在に至る。

日時:2017年9月26日(火) 9:25~12:00
集合場所:近鉄吉野駅
受講料:3,780円(特別拝観料・お抹茶代込)

 

 

2. 吉野・如意輪寺の如意輪観世音菩薩と菊 なら六観音華絵巻②~秘仏如意輪観世音菩薩特別ご開帳と菊まつり~

2回目は吉野の後醍醐天皇の勅願寺“如意輪寺”を訪ねます。
僧侶の講話と特別拝観(秘仏如意輪観世音菩薩特別ご開帳、後醍醐天皇御霊殿特別公開も有)、第4回菊まつりをお楽しみいただきます。
六観音華絵巻オリジナルポストカードプレゼント。

【講師プロフィール】
如意輪寺 副住職
加島 裕和(かしま ゆうわ)
1989年生。法政大学卒業。大正大学院卒業。

日時:2017年11月9日(木) 9:25~12:00
集合場所:近鉄吉野駅
受講料:3,980円(特別拝観料込)

 

 

3. 吉野町森林セラピー 悠久の風景 吉野の道~神仙峡・龍門の里コース~

吉野町は平成24年奈良県下で初めて「森林セラピー基地」の認定を受けました。
今回のコースは“神仙峡・龍門の里セラピーロード”(約6.2km)を歩きます。
地元食材と栄養バランスを考えたセラピー弁当とおやつ付きです。

【講師プロフィール】
吉野美林案内人の会 会長
坂井 佐久次(さかい さくじ)
1947年生。平成25年3月、吉野美林案内人第一期生として認定される。平成27年、会長に就任し現在に至る。

日時:2017年11月22日(水) 10:00~16:00
集合場所:近鉄大和上市駅
受講料:5,500円(昼食付、おやつ代込)

 

 

4. 美しい日本遺産“国栖の里” 吉野紙漉き体験~オリジナルタペストリーを作ろう~

国栖に紙作りを伝えたのは大海人皇子だという説もある程、吉野手漉き和紙は古い歴史を持っています。伝統と物語の残る国栖の里で、手作りのあたたかさにふれます。数少ない工房で、オリジナルタペストリーを作ります。

【講師プロフィール】
植和紙工房 代表者
植 貞男(うえ さだお)
吉野手漉き和紙の伝統を守り、また常に時代のニーズを見極めている。
現在5代目が代表を務め、6代目植 浩三が製造の中心となる。

日時:2017年12月1日(金) 9:20~12:00
集合場所:近鉄大和上市駅
受講料:4,860円(材料費・作品送料込)

 

 

5-Ⅰ. 世界遺産を結ぶ150年前の巡礼道
“すずかけの道”に親しむ① ~吉野大峯・高野観光圏協議会協力~[教室講座]

世界遺産である、真言宗の聖地「高野山」と、修験道の聖地「大峯山」を結ぶ「すずかけの道」を学び、歩き、体感する全3回シリーズ。教室講座では、成り立ちや歴史、街道に住む人々の暮らしなど、「すずかけの道」について話します。

【講師プロフィール】
大淀町教育委員会 学芸員
松田 度(まつだ わたる)
1974年生。同志社大学卒業。同大学大学院博士後期課程を単
位取得退学。同大学歴史資料館研究員を経て、大淀町教育委員会に勤務(主任技師)。

日時:2017年11月5日(日) 13:30~15:00
会場:朝日カルチャーセンター
受講料:全3回 11,340円
1回受講 2,160円

 

 

5-Ⅱ. 世界遺産を結ぶ150年前の巡礼道
“すずかけの道”に親しむ②~祈りの道ウォークと天河大辨財天社正式参拝~[現地講座]

いざない人の松田さんの案内で、150年前のガイドブック「定宿帳」を手がかりに、「すずかけの道」の川合から坪内までを訪ね歩き、天河大弁財天社で正式参拝。地元食材を使ったこだわりのランチもついています。(徒歩約3km)

【講師プロフィール】
大淀町教育委員会 学芸員
松田 度(まつだ わたる)
同上

日時:2017年11月13日(月) 10:10~16:40
集合場所:近鉄下市口駅
受講料:1回受講5,940円(昼食付、正式参拝料込)

 

 

5-Ⅲ. 世界遺産を結ぶ150年前の巡礼道
“すずかけの道”に親しむ③ ~大師山妙法寺で護摩体験~[現地講座]

古くより信仰の山として、親しまれてきた吉野の良縁のお寺「大師山寺」を訪ね、護摩体験とご住職のお話をうかがいます。ご住職は年間14回にわたって100人以上の人を連れて大峯山で修行を行っています。(徒歩約1.5km)

【講師プロフィール】
大師山寺 住職
大塚 知明(おおつか ちみょう)
1962年生。1978年得度。種智院大学仏教学部密教学科卒業、醍醐寺伝法学院にて修行、醍醐寺三宝院にて伝法灌頂入壇、僧正となる。種智院大学学生加行監督、ダマイ・マラ法王講演委員など歴任。修験道当山派大先達、当山派吹螺師、NHK仏事指導員。

日時:2017年11月27日(月) 9:50~12:30
集合場所:近鉄大和上市駅
受講料:1回受講 3,780円(護摩木付)

※すべての講座における会場までの交通費は各自でのご負担となります。

 

≪お問い合わせ・お申し込み≫
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾
中之島教室(プロジェクト事業部)
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー18階
TEL:06-6222-5224
FAX:06-6222-5221
WEB:https://www.asahiculture.jp/nakanoshima

※吉野塾の講座は8/25(金)からの申し込みとなります。

 

紅葉の吉野で太平記の昔を偲ぼう! 太平記の里 感涙体験ツアー

南北朝時代に皇居がおかれた場所、吉野。

今回のツアーでは、史上初「南朝妙法殿 夜間特別拝観」国民文化祭のシンポジウム「南朝哀史~後醍醐天皇物語」への参加をメインに、太平記の里ゆかりの4社寺を巡り、吉野朝の悲哀の歴史を学んでいただきます。

1日目は、国民文化祭のイベント「南朝哀史~後醍醐天皇物語~」に参加いただき、福岡大学教授で歴史学者の森茂暁氏の講演をはじめ、南北朝時代をテーマにしたシンポジウムの聴講や演劇の上演などを観覧いただきます。

また、「南朝妙法殿 夜間特別拝観」では、塔の中にお入りいただき、南朝妙法殿のご住職による法要のあと、皇居間取図、後醍醐天皇御真影の掛軸などを拝観いただけます。史上初の企画ですので、これまでにはないスペシャルな体験になること間違いなしです!

2日目は、南北朝時代の史跡が残る金峯山寺蔵王堂、如意輪寺、吉野神宮、吉水神社の4社寺を巡り、後醍醐天皇や楠木正行公ゆかりの場所や宝物を見ていただきながら、吉野朝があった時代に思いを馳せていただきます。

紅葉の美しい時期に歩く吉野山はまた格別です。
2日目のみの参加も可能ですので、みなさま奮ってご参加ください。
下記の予約フォームより申し込みを受け付けています。

【日時】2017年11月19日(日)~20(月)

【集合】11:30 近鉄 大和上市駅
※2日目のみの方は9:30 近鉄 吉野神宮駅

【参加費】
1泊2日 26,000円
(バス代・食事〈4回:昼2夕1朝1〉・宿泊・拝観料・保険・税込)
※ 1名様1室の場合は +3,000円

2日目のみ 7,500円
(バス代・昼食・拝観料・保険・税込)
※2日目のみの方はシンポジウム・夜間拝観にはご参加いただけません

【定 員】各日程20名(定員になり次第受付終了)

 

≪ツアー行程≫(凡例:…徒歩 =バス)
【1日目】 2017年11月19日(日)
11:40 近鉄/大和上市駅出発…三奇楼(昼食・ 弁当)…シンポジウム「南朝哀史」参加=(夕食)…南朝妙法殿 夜間特別拝観…吉野山旅館(宿泊)

【2日目】 2017年11月20日(月)
9:40 近鉄/吉野神宮駅出発(2日目参加者のみ)=如意輪寺(御陵参拝)=勝手神社前…吉水神社…金峯山寺聚法殿(昼食・弁当)…金峯山寺蔵王堂…〈吉野山自由散策〉=吉野神宮(正式参拝)=15:30 吉野神宮駅到着後、解散

【宿泊施設】花あかりの宿 戎館(または同等クラス)

 

≪シンポジウム内容(予定)≫ 国民文化祭 吉野歴史悲話ヒストリア

「南朝哀史~後醍醐天皇物語~」
【日時】 2017年11月19日(日)13:30~16:30
【場所】 吉野町中央公民館
【講演】 森 茂暁(福岡大学教授)
【パネルディスカッション】 森 茂暁(福岡大学教授)、五條良知(金峯山寺管領)、五條元滋(五條頼元卿ご子孫)、松坂慶子(女優)
【公演】 劇団大藤(演劇)、おはなしらんどカンブリア(人形劇)
【司会】 小日向えり(歴史アイドル)

なら六観音華絵巻 飛鳥・吉野・多武峰  観音様に会いに行く旅~日帰り~

 

観音様は、あらゆる衆生の声を聞き、救いの手をさしのべるために33のお姿に変身なさる菩薩です。

一心にそのお名前を称えて念ずることで私たちをお救い下さる存在であると、法華経の一部「観音経」に説かれています。

都会の喧騒を離れ、観音様にお参りして、「癒しのなら旅」を感じていただきたいという思いで「なら六観音 華絵巻~飛鳥・吉野・多武峰~」は誕生しました。

山里に鎮座する観音様、 均整のとれた美しさは時間を忘れて見入ってしまうほど。 僧侶らのお話と特別拝観、心ほっこり安らぐ地元食材のランチやスイーツなど、癒しの奈良旅をご用意いたしました。

参加者のみなさまには、奈良六観音華絵巻のために作製された6社寺のオリジナルポストカードをプレゼントします。

秋が深まるこの季節、観音様とのご縁を結びに、ぜひ奈良へお越しください!

 

≪行程表≫
A:あをによしコース
2017年 11月3日(金・祝)桜井駅集合

■談山神社
・けまり祭見学
・秘仏 如意輪観世音菩薩 特別拝観

【昼食】
石舞台古墳 あすか野「彩御膳」

■橘寺
・如意輪観世音菩薩 拝観
・聖倉殿 特別拝観

■櫻本坊
・聖観世音菩薩 拝観
・宝聚堂 特別拝観
・地元スイーツ

吉野駅 解散

■談山神社…藤原氏ゆかりの紅葉で有名な神社
■橘寺…聖徳太子生誕の地と伝えられる
■櫻本坊…天武天皇が建立された修験の道場

 

 

B:まほろばコース
2017年 11月4日(土)吉野駅集合

■如意輪寺
・如意輪観世音菩薩 特別御開帳
・後醍醐天皇御霊殿 特別公開と菊まつり

【昼食】吉野山 豆富茶屋 林「豆腐づくし膳」
※おやつは地元スイーツ

■聖林寺
・十一面観音菩薩 拝観
・マンダラ 特別公開

■岡寺
・如意輪観音菩薩 拝観
・内々陣 特別拝観

飛鳥駅 解散

■如意輪寺…後醍醐天皇の勅願寺
■聖林寺…国宝十一面観音菩薩を安置
■岡寺…日本最大の塑像、ご本尊は如意輪観音座像

 

【日程】
2017年11月3日(金・祝) 9時45分   近鉄/JR 桜井駅北口 集合
2017年11月4日(土)       9時45分   近鉄 吉野駅 集合
【参加費】
A. あをによしコース/B. まほろばコース : 各コース 1名様   9,800円
A+B セット料金 : 1名様  18,700円
(バス代・昼食・拝観料・保険・税込)
【定員】各日20名(定員になり次第、受付終了)

 

 

 

9/24(日)奈良まほろば館にて「奈良在住のゲストハウスオーナーが語る、ほんとうの奈良の魅力」講座開催

東京・日本橋にあるアンテナショップ、奈良まほろば館にて「奈良在住のゲストハウスオーナーが語る、ほんとうの奈良の魅力」と題した講座を開催します!

今回お話しいただくのは、奈良市内で「ゲストハウス琥珀」を経営されている境 祐希さんです。
境さんは中学の修学旅行で訪れた奈良の仏像を見たときに“開眼”して以来、奈良の大学で美術史を研究し、洞川温泉の旅館に4年間住み込みで働くなど、ずっと奈良を拠点に活動されています。

境さんは、ただの観光地ではない、美しい文化が日常に息づいている奈良の魅力を、特に若い世代に伝えていきたいと考えゲストハウスを開業されました。
奈良には大正時代に、日吉館という旅館があり、奈良を訪れる学者・文人・芸術家や、奈良の美術と文化を愛好する学生たちが集う場所となっていました。
今回の講座では、現代の日吉館を目指しているという境さんに、歴史や文化の観点から「伝世」をキーワードに、奈良の魅力を存分に語っていただきます。

予約はまほろば館のホームページで受付中です。
東京、埼玉、神奈川、千葉エリアにお住いの奈良好きな方、9/24はぜひまほろば館へ足をお運びください!

 

 

【奈良在住のゲストハウスオーナーが語る、ほんとうの奈良の魅力】
日時:平成29年9月24日(日) 17:00~18:30
講師:境 祐希 (ゲストハウス琥珀オーナー)
長谷 政和(吉野ビジターズビューロー、B&B SEIKOKUJIオーナー)
会場:奈良まほろば館2階
資料代等:無料
定員:70名(先着順)
申込フォーム:http://www.mahoroba-kan.jp/course_form1098.html

5月28日(日)「新緑の飛鳥から吉野へ」ツアー 追加募集中!【終了しました】

5月28日(日)に催行予定の「見聞悠学之旅   新緑の飛鳥から吉野へ」ですが、キャンセルが出ましたので若干名あきがあります。

天武・持統天皇の御陵から、稲渕の棚田、雄綱・女綱などの名所を通り、古代天皇の歩いた古道を歩き、宮滝の吉野宮へと至る盛りだくさんのツアーです。
奥飛鳥の食事処「さらら」では地元食材にこだわった美味しい食事がいただけます。

前日の正午まで受付可能ですので、下記の予約フォーム、もしくはお電話にてお申し込みください。

お待ちしています!

 

一般社団法人 吉野ビジターズビューロー
〒639-3111 奈良県吉野郡吉野町上市2060-1
(近鉄吉野線 大和上市駅前)
TEL : 0746-34-2522
FAX : 0746-39-9238

「見聞悠学之旅 2017」 ツアー参加者募集中!

「見聞悠学之旅 2017」 ツアー参加者募集中!

スライド1

地元だからこそわかる吉野の魅力をご案内している「見聞悠学之旅」。
2月の第一弾のツアー「国栖奏を学ぶ旅」は、早くも定員を上回る申し込みをいただいており、現在はキャンセル待ちのみの受付となっています。
今回はそれ以外に今年企画しているツアーについてご案内させていただきます。

 

【5月28日(日) 新緑の飛鳥から吉野へ】

※終了しました

壬申の乱の前年、大海人皇子と讃良皇女が飛鳥から芋峠を越え吉野に入られます。また 讃良皇女は、持統天皇となられてからも幾度となく吉野を訪れています。この古代天皇 たちが歩いた古道(小峠・芋峠)を越えて、新緑の飛鳥から吉野まで歩きませんか。

■参加費:5,300円(バス代・ガイド・昼食・保険付き)
■集 合:近鉄大和上市駅 午前9時30分
■定 員:25名(定員になり次第締め切り)
■コース:大和上市駅⇒天武・持統陵⇒稲淵段々頂上…稲淵・雄綱…南淵請安の墓…飛鳥川上坐宇須多岐比命神社…女綱…奥飛鳥「さらら」(昼食)…加夜奈留美命神社…古道小峠…古道芋峠…三軒茶屋跡⇒千股(防災公園)⇒宮滝展望台…吉野宮…梅谷醸造元⇒大和上市駅

※雨天時、一部コース変更有り

 

 

【9月10日(日) 吉野の能楽の地を歩くー『天河伝説殺人事件』の背景ー】

※申込者多数のため、ただいまキャンセル待ちのみの受付となっております

吉野には、「国栖」を始め「二人静」「吉野天人」「吉野琴」「嵐山」などの吉野が舞 台となっている演目がたくさんあります。それらの場所を吉野歴史資料館の池田館長が 同行し説明します。最後に天河神社の能舞台へもご案内します。

■参加費:6,300円(バス代・ガイド・拝観料・昼食・保険付き)
■集 合:近鉄大和上市駅 午前10時00分
■定 員:25名(定員になり次第締め切り)
■コース:大和上市駅⇒浄見原神社⇒菜摘大橋⇒林豆腐店(昼食)…吉水神社…勝手神社⇒天河大辨財天社⇒下市口駅⇒大和上市駅

【 共催:旅ともツアーズ(奈良県知事登録2種202号)】

 

 

【11月26日(日) 谷崎潤一郎の小説『吉野葛』を歩く Ⅱ】

※申込者多数のため、ただいまキャンセル待ちのみの受付となっております

昨年開催した「谷崎の小説『吉野葛』を歩く」の続編です。舞台を後南朝ゆかりの川上村に移し、三之公の「御前申す岩」、御朝拝の「金剛寺」までご案内します。今回で谷崎 の小説『吉野葛』が完結します。

■参加費:6,900円(バス代・ガイド・拝観料・昼食・保険付き)
■集 合:近鉄大和上市駅 午前10時00分
■定 員:25名(定員になり次第締め切り)
■コース:大和上市駅⇒二の股橋⇒御前申す岩⇒入之波橋⇒朝日館(昼食)⇒森と水の源流館⇒金剛寺⇒御首載石の碑⇒大和上市駅

 

スクショ|PDF|表 スクショ|PDF|裏

 

‚¨³ŒŽ–Í—l”~30

【終了しました】町家で法話会~如意輪寺副住職が語る吉野~

%e5%a6%82%e6%84%8f%e8%bc%aa%e5%af%ba%e6%9c%ac%e5%a0%82

 

2014年、ともに南朝を支えたご縁により友好協定を結んだ八女市と吉野町。

如意輪寺は、南北朝時代に吉野で朝廷を開いた後醍醐天皇の勅願寺として定められた由緒あるお寺です。

このたびの法話会では、副住職の加島裕和師をお招きし、後醍醐天皇とその忠臣たちをはじめとした南朝や吉野の歴史についてお話をいただきます。普段聞くことができないお坊さんへの質問などもぜひこの機会にどうぞ!

 

日時:2017年2月18日(土)14:00~15:30
場所:旧木下家住宅(堺屋)(福岡県八女市本町184番地)
※駐車場は伝統工芸館をご利用下さい
講師:如意輪寺 副住職 加島裕和 師
参加費:500円(グッズ付、要予約)
定員:30名

 

%e5%a6%82%e6%84%8f%e8%bc%aa%e5%af%ba%e3%80%80%e5%8a%a0%e5%b3%b6%e5%89%af%e4%bd%8f%e8%81%b7%e5%a6%82%e6%84%8f%e8%bc%aa%e5%af%ba%e8%94%b5%e3%83%bb%e5%be%8c%e9%86%8d%e9%86%90%e5%a4%a9%e7%9a%87%e5%83%8f

 

主催:なら縁巡プロジェクト実行委員会
後援:八女市、吉野町/協力:如意輪寺、吉野町地域おこし協力隊
参加申し込みは吉野ビジターズビューロー 古賀・長谷まで
「町家で法話会 参加希望」と明記のうえ、
下記いずれかの方法でご住所・ご氏名・お電話番号・人数をお知らせ下さい

①はがき:〒639-3111 奈良県吉野郡吉野町上市2060-1
②TEL : (0746)34-2522 (受付時間  9時~17時)
③FAX : (0746)39-9238
④メール : ayako_koga@yoshino-kankou.jp
⑤下記のお申し込みフォーム
※定員に達し次第締め切ります。
※聴講券等の発行は致しません。ご参加頂けない場合のみ連絡致します。
※お預かりした個人情報は、当イベント実施の目的にのみ使用いたします。

 

【修了しました】「見聞悠学之旅2017」第一弾は「国栖奏を学ぶ旅」

%e5%9b%bd%e6%a0%96%e5%a5%8f%ef%bd%9c%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%a8

地元だからこそわかる吉野の魅力をご案内している「見聞悠学之旅」。
2017年もとっておきの吉野に関わる歴史・伝統芸能・文化・自然を満喫できる旅をご用意しました。

第一弾のツアーは2017年2月10日(金)「国栖奏を学ぶ旅」です。
国栖奏(くずそう)は、毎年旧正月十四日に天武天皇を祭る浄見原神社で古式ゆかしく行われます。
舞翁や笛翁、鼓翁、歌翁らが神官に導かれて舞殿に登場し、朗々とした歌翁の声とともに、舞翁の振る鈴の音が冷えきった空気にこだまして、参拝の人たちの胸に古代の息吹をよみがえらせてくれます。

当ビューローのツアーでは、解説を交えながら昨年の映像を鑑賞していただき、国栖奏の事を学んでいただいたあと、浄見原神社での奉納に参列していただけます。

25名様限定のツアーですので、お申込みはお早めにお願いいたします!

※ご好評につき募集枠を拡大させていただきましたが、残席僅かですのでお早目のお申し込みをお待ちしております!

 

 

pb160090-minpb160089-min

■2017年2月10日(金)「国栖奏を学ぶ旅」
■参加費:5,300円(バス代・ガイド・入館料・昼食〈弁当〉付き)
■集 合:近鉄大和上市駅 午前10時20分
■定 員:25名(定員になり次第締め切り)
■コース:大和上市駅⇒宮滝河川交流センター⇒昼食⇒浄見原神社⇒梅谷醸造元(見学・お買物)⇒大和上市駅

 

pb160085-min

‚¨³ŒŽ–Í—l”~30

【終了しました】神主・僧侶に学ぶ南朝ゆかりの地ツアー ~清秋の吉野・多武峰 篇~

南朝ツアー|写真_01

南北朝時代、南朝の皇居が置かれたまち、吉野。
今でも朝廷を開かれた後醍醐天皇を篤く敬う風土が残っており、天皇ゆかりの場所が多く存在しています。
今回のツアーでは、天皇ゆかりの社寺の方々にご案内をいただきながら、南朝の歴史について学んでいただきます。

 

集合場所の桜井駅を出発し、まず訪れるのは談山神社です。
談山神社(たんざんじんじゃ)は大化の改新の談合や、紅葉の名所として有名な神社ですが、ここには後醍醐天皇が寄進されたという石灯籠が残っています。
南朝と多武峰の関係について、神主さんからお話をいただきます。

談山神社を後にしたバスは一路吉野山へと移動し、如意輪寺へ向かいます。
如意輪寺(にょいりんじ)は、延喜年間(西暦901-923年)創建と伝わる古刹で、南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を置かれた際に勅願所となりました。

裏山には後醍醐天皇陵があり、通常では南面する天皇陵のなかで、唯一北面(京都向き)に位置しています。
昼食を眺めの良い花見座敷でとっていただいた後は、境内を自由に拝観いただけます。
また、如意輪寺ではこの日から菊まつりが開催されます。
如意輪寺の寺紋は、後醍醐天皇の忠臣であった楠公の家紋の菊水で、これにちなんで後醍醐天皇の生誕をお祝いし、たくさんの鉢植えの菊花で境内を彩ります。
今回のツアーでは、通常非公開の本堂にて営まれる開闢法要(かいびゃくほうよう)にご参加いただけます。

その後は南朝の皇居が置かれた吉水神社をご案内します。
ユネスコの世界遺産にも登録されている吉水神社は、初期書院造りの傑作といわれる書院(現在は屋根の修復中)の中に、南朝の古文書や武具など100点を超える宝物が残っています。後醍醐天皇がお座りになられた玉座もご覧いただけます。

最後に訪れるのが吉野神宮です。
後醍醐天皇がまつられている吉野神宮は、明治天皇によって創建され、後村上天皇が自ら刻まれたと伝えられる後醍醐天皇の尊像が吉水神社から移されて御神体とされています。
本殿、拝殿などは全て檜造りで、近代神社建築の代表作として高く評価されています。
今回は神主さんの案内で本殿に正式参拝をしていただけます。

 

後醍醐天皇の吉野での足跡をたどることができるこのツアー、定員は25名様ですので、お申し込みはお早めにどうぞ!

 

DSC_1807bDSC_1687b

 

【日時】2016年10月29日(土) 9:00  近鉄/JR桜井駅集合~16:00頃  吉野神宮駅解散
【旅行代金】6,400円(バス代・拝観料・昼食〈弁当〉・保険・税込み)
【定員】25名

≪主催≫一般社団法人 吉野ビジターズビューロー
(一社)全国旅行業協会 正会員 奈良県知事登録旅行業第3-196号
国内旅行業務取扱責任者 古賀 文子

奈良県吉野郡吉野町上市2060-1
TEL(0746)34-2522/ FAX(0746)39-9238

【終了しました】平成29年版カレンダー 掲載写真を募集します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10-11pic

吉野ビジターズビューローでは、歴史と自然あふれる吉野の四季をテーマにつづる平成29年版オリジナルカレンダー制作を企画しております。

そこで、吉野の新しい魅力の再発見にみなさまからの四季折々の吉野の写真を募集します!

スマートフォンで撮影した写真のご応募も大歓迎です。

応募規定をご確認の上、お気軽にご応募ください。

お待ちしております!

 

【募集期間】

平成28年10月31日(月)まで

【応募規定】

・応募者本人が撮影した未発表の写真とします。

・写真は、デジタル画像に限ります(300KB~3MB、300万画素相当以上が望ましい)。スマホで撮影した写真でも可能です。

・合成写真は不可とします。

・応募は一人何点でも構いません。

・応募者が応募写真の著作権を完全に保有していることを条件とします。

・公序良俗に反する写真や文章の応募は固くお断りします。

・採用作品の著作権は吉野ビジターズビューローに帰属し、商用利用させていただく場合がございます。

・カレンダーに掲載されなかった写真でも、ホームページ等で使用させていただく場合がございます。

・掲載写真として選ばれた方には、後日ご連絡させていただき、見本品と記念品をお送りいたします。

・お送りいただいた個人情報は、上記の目的以外で利用することはありません。

 

【応募形態】

電子メールでご応募ください。下記項目を本文に記入し、応募作品写真データを添付して吉野ビジターズビューロー(photo@yoshino-kankou.jp)にお送りください。

(1) 氏名(フリガナ)

(2) 年齢

(3) 郵便番号

(4) 住所

(5) 電話番号

(6) E-mailアドレス

(7) 応募作品のタイトル

(8) 撮影日

 

【お問い合わせ先】

一般社団法人 吉野ビジターズビューロー カレンダー作成係

〒639-3111 奈良県吉野郡吉野町上市2060-1

TEL:0746-34-2522 FAX:0746-39-9238

photo@yoshino-kankou.jp

 

08-09pic3 08-09pic1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Older posts