吉野ビジターズビューロー最新情報

吉野観光の最新情報をお伝えします

Category: イベント情報 (page 1 of 6)

【情報更新】≪ようおまいり!吉野≫ 「国栖道 花万葉の道を歩く」 参加者募集中!

台風の影響により2018年9月29日(土)に開催を予定していた≪ようおまいり!吉野≫ 「国栖道 花万葉の道を歩く」の開催日が11月23日(金・祝)になりました。

日本最古の歌集『万葉集』には、150種以上もの植物が登場します。
吉野を詠った和歌は100首近くあり、吉野宮があったとされる宮滝では多くの和歌が詠まれました。
今回は万葉植物研究家の尾上ツヤ子先生に同行いただき、天武天皇ゆかりの地として知られる国栖(くず)から宮滝にかけての道を、吉野川沿いに歩きながら季節の万葉植物を楽しんでいただきます。

葉が綺麗に色付く紅葉の時期ですので、山と川に囲まれた道を歩くのはとても気持ちがいいです。
どうぞお気軽にご参加ください!

■開催日
2018年11月23日(金・祝)

■集 合
近鉄 大和上市駅 9:20

■スケジュール■
9:20 近鉄 大和上市駅 集合===国栖の里(浄見原神社、窪垣内にて「はならあと」見学)‥‥(昼食)‥‥宮滝===15:30 大和上市駅 解散予定
(※ ===バス ‥‥徒歩)

■イベント参加費
3,000円(弁当付き)※現地交通費(バス利用の場合200円×往復)が別途必要です

■持ち物
雨具(ポンチョのようなものが最適)、水筒、タオル、常備薬、着替え、リュック等

■募集人員
20名(満席になり次第受付終了)/最少催行人員 2名

 

 

お申し込みはこちらから↓

11月10日(土) 日本遺産・吉野美林歩きと 秋いろ草木染め体験 in 川上村・匠の聚

 

 

≪吉野三町村雇用創造協議会企画≫

日本遺産である奈良県の吉野美林。
特に川上村は日本有数の多雨地域であり、源流からの豊かな水資源を活かし、吉野林業の発祥の地として栄えてきました。

『匠の聚』周辺には人口美林と広葉樹の森が広がり、四季折々の山の表情を楽しむことができます。

今回のイベントでは散策をしながら集めた落ち葉や木の実を、木々の香りを楽しみながら高級シルクのストールに染めてみましょう。

自然素材だけを使った、自分オリジナルの秋の色をお持ち帰りください。

 

 

■スケジュール

10:45 『匠の聚』集合
– 講師の紹介と草木染めの説明 – 森の中をウォーキングしながら落ち葉や木の実の収集

12:00 昼食(『匠の聚』特製しし鍋ランチ)

12:40 草木染め開始

15:40 終了・解散
日帰りツアーですが、希望者は『匠の聚』のコテージに 前日または当日宿泊が可能です。※要予約

 

 

■開催日
平成30年11月10日(土)

■参加料金
9,800円(昼食込)

■持ち物
雨具

■集合場所
匠の聚  奈良県吉野郡川上村東川135 TEL 0746-53-2381
※公共交通機関でお越しの方は… 9:20近鉄大和上市駅集合→9:25発やまぶきバス乗車→10:04木工の里バス停着 →タクシーで『匠の聚』へ(復路は16:10西河口バス停発のやまぶきバスに乗車) バス乗車料金200円とタクシー代900円(片道)は各自現地でお支払いください。

■募集人数
10名(最小催行人数4名)

■注意事項
・山歩きをします。場所によっては急な傾斜があり、健脚向きのルートです。
自信のない方には染織体験のみのご参加にも対応しますので、ご相談ください。
・必ず歩きやすい靴と服装をご準備ください。
・草木染の染料が付いてもいい服装をご準備ください。
・雨天の場合は行程を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

お申し込みはこちらから↓

【終了しました】吉野町中荘地区秋祭り(紅葉ツアー)のご案内

 

2017年11月19日に吉野町中庄築の紅葉ツアーが開催されます。

いにしえより歴史深い吉野地方の歴史と自然を共に味わえる絶好の季節到来です。地元の方が厳選した歴史と紅葉の名所、そして地域産食材の昼食も味わえます。

【終了しました】紅葉の吉野で太平記の昔を偲ぼう! 太平記の里 感涙体験ツアー

南北朝時代に皇居がおかれた場所、吉野。

今回のツアーでは、史上初「南朝妙法殿 夜間特別拝観」国民文化祭のシンポジウム「南朝哀史~後醍醐天皇物語」への参加をメインに、太平記の里ゆかりの4社寺を巡り、吉野朝の悲哀の歴史を学んでいただきます。

1日目は、国民文化祭のイベント「南朝哀史~後醍醐天皇物語~」に参加いただき、福岡大学教授で歴史学者の森茂暁氏の講演をはじめ、南北朝時代をテーマにしたシンポジウムの聴講や演劇の上演などを観覧いただきます。

また、「南朝妙法殿 夜間特別拝観」では、塔の中にお入りいただき、南朝妙法殿のご住職による法要のあと、皇居間取図、後醍醐天皇御真影の掛軸などを拝観いただけます。史上初の企画ですので、これまでにはないスペシャルな体験になること間違いなしです!

2日目は、南北朝時代の史跡が残る金峯山寺蔵王堂、如意輪寺、吉野神宮、吉水神社の4社寺を巡り、後醍醐天皇や楠木正行公ゆかりの場所や宝物を見ていただきながら、吉野朝があった時代に思いを馳せていただきます。

紅葉の美しい時期に歩く吉野山はまた格別です。
2日目のみの参加も可能ですので、みなさま奮ってご参加ください。
下記の予約フォームより申し込みを受け付けています。

【日時】2017年11月19日(日)~20(月)

【集合】11:30 近鉄 大和上市駅
※2日目のみの方は9:30 近鉄 吉野神宮駅

【参加費】
1泊2日 26,000円
(バス代・食事〈4回:昼2夕1朝1〉・宿泊・拝観料・保険・税込)
※ 1名様1室の場合は +3,000円

2日目のみ 7,500円
(バス代・昼食・拝観料・保険・税込)
※2日目のみの方はシンポジウム・夜間拝観にはご参加いただけません

【定 員】各日程20名(定員になり次第受付終了)

 

≪ツアー行程≫(凡例:…徒歩 =バス)
【1日目】 2017年11月19日(日)
11:40 近鉄/大和上市駅出発…三奇楼(昼食・ 弁当)…シンポジウム「南朝哀史」参加=(夕食)…南朝妙法殿 夜間特別拝観…吉野山旅館(宿泊)

【2日目】 2017年11月20日(月)
9:40 近鉄/吉野神宮駅出発(2日目参加者のみ)=如意輪寺(御陵参拝)=勝手神社前…吉水神社…金峯山寺聚法殿(昼食・弁当)…金峯山寺蔵王堂…〈吉野山自由散策〉=吉野神宮(正式参拝)=15:30 吉野神宮駅到着後、解散

【宿泊施設】花あかりの宿 戎館(または同等クラス)

 

≪シンポジウム内容(予定)≫ 国民文化祭 吉野歴史悲話ヒストリア

「南朝哀史~後醍醐天皇物語~」
【日時】 2017年11月19日(日)13:30~16:30
【場所】 吉野町中央公民館
【講演】 森 茂暁(福岡大学教授)
【パネルディスカッション】 森 茂暁(福岡大学教授)、五條良知(金峯山寺管領)、五條元滋(五條頼元卿ご子孫)、松坂慶子(女優)
【公演】 劇団大藤(演劇)、おはなしらんどカンブリア(人形劇)
【司会】 小日向えり(歴史アイドル)

【修了しました】「見聞悠学之旅2017」第一弾は「国栖奏を学ぶ旅」

%e5%9b%bd%e6%a0%96%e5%a5%8f%ef%bd%9c%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%a8

地元だからこそわかる吉野の魅力をご案内している「見聞悠学之旅」。
2017年もとっておきの吉野に関わる歴史・伝統芸能・文化・自然を満喫できる旅をご用意しました。

第一弾のツアーは2017年2月10日(金)「国栖奏を学ぶ旅」です。
国栖奏(くずそう)は、毎年旧正月十四日に天武天皇を祭る浄見原神社で古式ゆかしく行われます。
舞翁や笛翁、鼓翁、歌翁らが神官に導かれて舞殿に登場し、朗々とした歌翁の声とともに、舞翁の振る鈴の音が冷えきった空気にこだまして、参拝の人たちの胸に古代の息吹をよみがえらせてくれます。

当ビューローのツアーでは、解説を交えながら昨年の映像を鑑賞していただき、国栖奏の事を学んでいただいたあと、浄見原神社での奉納に参列していただけます。

25名様限定のツアーですので、お申込みはお早めにお願いいたします!

※ご好評につき募集枠を拡大させていただきましたが、残席僅かですのでお早目のお申し込みをお待ちしております!

 

 

pb160090-minpb160089-min

■2017年2月10日(金)「国栖奏を学ぶ旅」
■参加費:5,300円(バス代・ガイド・入館料・昼食〈弁当〉付き)
■集 合:近鉄大和上市駅 午前10時20分
■定 員:25名(定員になり次第締め切り)
■コース:大和上市駅⇒宮滝河川交流センター⇒昼食⇒浄見原神社⇒梅谷醸造元(見学・お買物)⇒大和上市駅

 

pb160085-min

‚¨³ŒŽ–Í—l”~30

【終了しました】残席わずか【アフターに新年会やります!】2017年1月14日開催!「鳥取応援!なら縁巡チャリティ社寺座会in月眠」

kiki_sienhojyo_150527

~皆さまから頂く参加費は、2016年10月21日に発生した平成28年鳥取県中部地震の被害に遭われた方のために鳥取県に全額寄付します~

奈良が好きすぎて移住してきたアラサー女子ふたりが立ち上げた「なら縁巡(えにしめぐり)プロジェクト」。

りてん先生DSC_8812new

活動の一環として2015年6月から「なら縁巡サタデー社寺座会」を開催していますが、今回は鳥取地震の被災地を応援するため、総本山金峯山寺 田中 利典長臈を講師としてお招きし、チャリティイベントとして開催します!

普段は奈良のお茶とおやつをお出ししていますが、今回は鳥取から取り寄せたものを召し上がって頂きます。

resize03661139%e6%8a%95%e3%81%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e5%a0%82
(C)鳥取県

修験者として語っていただく自然災害との共存や、修験道の聖地・吉野と鳥取とのつながりについて、たっぷり90分お話しをお聞きいただけるスペシャルバージョンの座会です。

歴史に詳しくなくても、社寺めぐり初心者でも大丈夫!
奈良にお住いの方も、観光で来られる方も大歓迎。
人数限定のイベントですので、お申し込みはお早めに。

【参加費】2,000円(ドリンク・おやつ付き)
【定員】20名
【問い合わせ先】
<TEL>古賀(050)5896-1652(電話問い合わせは9~18時)
<なら縁巡 fbページ>https://www.facebook.com/nara.enishimeguri/

 

※2016/12/4追記
イベント終了後、近鉄奈良駅前で17時半~新年会をします!
もちろん、利典先生もご同席くださいます(・∀・)
新年会の会費は4000円飲み放題付き、会場はKICHIRI近鉄奈良駅前店です!
http://r.gnavi.co.jp/k207346/
新年会のみの参加も大歓迎です。
ご参加希望は1月10日までにメール、TEL、Facebook、申し込みフォームのいずれかからお申込みをお願いします!

【終了しました】11月13日 空席出ました!「見聞悠学之旅 2016」 第四弾「谷崎の小説『吉野葛』を歩く」

地元だからわかる、吉野の魅力をご案内する「見聞悠学之旅」。
毎回、吉野に関わる歴史・伝統芸能・文化・自然を満喫できる、とっておきの旅をご提供し、ご好評をいただいています。

DSC_5164resize0373

今年の最後を飾るのが「谷崎の小説『吉野葛』を歩く」。

六田・上市・宮滝・菜摘・国栖の描写と、吉野ゆかりの「義経千本桜」「妹背山婦女庭訓「二人静」や後南朝の歴史等を織り込んだ小説は、吉野を知るためのガイドブックとされています。
今回のツアーでは、谷崎潤一郎の中期の代表作である『吉野葛』の舞台となった場所を巡ります。

DSC_5160resize0375

定員25名様となっており、現在ほぼ満席のご予約を頂いておりますが、キャンセルが発生し、若干の空席が出ましたので、再度募集させて頂きます。
今週末のご予定が空いてしまった方はぜひご参加ください(^^)/

~11月13日(日) 谷崎の小説「吉野葛」を歩く~

参加費:6,500円(バス代・ガイド・入館料・昼食付)
集合/解散: 近鉄大和上市駅 9時50分/16時
定員:25名(定員になり次第締め切り)
コース:近鉄吉野線大和上市駅⇒六田の橋⇒立野・・・上市の町・・・三奇楼(昼食)⇒宮滝・・・河川交流センター⇒菜摘⇒窪垣内・・・(紙漉きの里)⇒大和上市駅

【終了しました】12月3日(土)開催!満席につきキャンセル待ち受付中!なら縁巡サタデー社寺座会特別編in吉野

kiki_sienhojyo_150527

enishimeguri_rogo_fix

※2016年11月27日現在、満席です。ご予約ご希望の方はキャンセル待ちで受付しますので、ご了承ください。キャンセル待ちのお申し込みは、下記の予約・問い合わせフォームからでお申込みください。
ご参加頂ける場合もどうでない場合も、こちらから前日までに連絡いたします。

 

奈良が好きすぎて移住してきたアラサー女子ふたりが立ち上げた「なら縁巡(えにしめぐり)プロジェクト」。

普段は奈良市内の小さな町家で和気あいあいと社寺座会を開催していますが、皆さまからのお声にお応えして、今回は吉野山を歩きます!(歩行距離約4.5km)

DSC_8308DSC_0006

吉野駅で集合し、「ささやきのこみち」をテクテク歩いて静かな山あいに佇む古刹・如意輪寺へ。
ご住職と副住職が作ったピザ窯で焼く、手造りピザでランチタイム。

25img_20160828_133722

後醍醐天皇の念持仏と伝わる蔵王権現像や南朝の忠臣・楠木正行公が矢じりで扉に刻んだ辞世などを拝観します。

img_1087

次に向かうのは天武天皇の勅願寺・櫻本坊。通常非公開の宝聚堂(宝物殿)を特別に拝観します。ここには天武天皇御神霊お位牌・重文地蔵菩薩坐像・曼荼羅石・役行者母公像・聖徳太子二才像などの寺宝をご案内頂きます。

DSC_1313fb%e6%ab%bb%e6%9c%ac%e5%9d%8a%e3%80%80%e5%b7%bd%e4%bd%8f%e8%81%b7

最後は、秘仏ご本尊がご開帳中の金峯山寺へ。法話を拝聴した後、ゆっくり権現さまのお足元「発露の間」でお参りするもよし、特別に公開されている本地堂にお参りするのもオススメです!

%e8%94%b5%e7%8e%8b%e5%a0%82%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7蔵王堂外観【差し替え】

蔵王堂にて自由解散としますので、お時間のある方は、ぜひ17時からの夕座勤行にもご参列ください。

道中は、もちろん奈良愛にあふれる女子2名がガイドを務めさせて頂きます (^^)

DSC_8583

歴史に詳しくなくても、社寺めぐり初心者でも大丈夫!
奈良にお住まいの方も、観光で来られる方も大歓迎。

定員は15名様限定。参加費は拝観料・ランチ・保険込で4,500円です。

ご参加希望の方は、Facebook(参加ボタンまたはコメントを頂いた後にメッセージを送信しますので、必ずご確認ください)か、FAX(吉野ビジターズビューロー)、お電話にてご連絡ください。

≪主催≫一般社団法人 吉野ビジターズビューロー
(一社)全国旅行業協会正会員 奈良県知事登録旅行業第3-196号 国内旅行業務取扱管理者 古賀 文子
奈良県吉野郡吉野町上市2060-1 TEL:0746-34-2522 / FAX:0746-39-9238

【終了しました】如意輪寺 菊まつり期間限定「後醍醐天皇お祈りの図」体験と貢蛙(こうあ)御膳

DSC_0579fbdsc_0736s

後醍醐天皇ご生誕の日(11月2日)をお祝いし、境内を菊の花で彩る「如意輪寺 菊まつり」

14285421_1095968957159927_619527378_o
第三回を迎えた今年、新しく期間限定の特別企画を発売します。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891                                                                                                       %e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

後醍醐天皇の念持仏と伝わる金剛蔵王権現像(重文)。
寺宝の「後醍醐天皇お祈りの図」にも描かれています。

img_1087
今回の企画では、特別に権現堂を拝観して頂くことにより、後醍醐天皇がお祈りされたのと同じ気持ちになって頂く体験が可能です。

resize0366

島崎藤村ゆかりの宿「吉野温泉 元湯」では、後醍醐天皇が好んで召し上がったと伝わる「モミ(蛙)」をメインに、特別ランチ「貢蛙(こうあ)御膳」をご用意。
黒米ごはんや鯉の洗いなど、山里ならではのお料理をお楽しみ頂けます。
また、お食事の後に温泉のご入浴も可能(タオルレンタル有)。旅のお疲れを存分に癒してください。


如意輪寺 菊まつり期間限定「後醍醐天皇お祈りの図」体験と貢蛙御膳

2016年10/30~11/20の土日祝日限定(11/1(火)は平日ですが、特別にご予約可)※前日までに要予約

参加費:お一人様4,800円(如意輪寺拝観料・昼食・税込)

ご予約はコチラをクリックして、フォームからどうぞ♪

【終了しました】神主・僧侶に学ぶ南朝ゆかりの地ツアー ~清秋の吉野・多武峰 篇~

南朝ツアー|写真_01

南北朝時代、南朝の皇居が置かれたまち、吉野。
今でも朝廷を開かれた後醍醐天皇を篤く敬う風土が残っており、天皇ゆかりの場所が多く存在しています。
今回のツアーでは、天皇ゆかりの社寺の方々にご案内をいただきながら、南朝の歴史について学んでいただきます。

 

集合場所の桜井駅を出発し、まず訪れるのは談山神社です。
談山神社(たんざんじんじゃ)は大化の改新の談合や、紅葉の名所として有名な神社ですが、ここには後醍醐天皇が寄進されたという石灯籠が残っています。
南朝と多武峰の関係について、神主さんからお話をいただきます。

談山神社を後にしたバスは一路吉野山へと移動し、如意輪寺へ向かいます。
如意輪寺(にょいりんじ)は、延喜年間(西暦901-923年)創建と伝わる古刹で、南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を置かれた際に勅願所となりました。

裏山には後醍醐天皇陵があり、通常では南面する天皇陵のなかで、唯一北面(京都向き)に位置しています。
昼食を眺めの良い花見座敷でとっていただいた後は、境内を自由に拝観いただけます。
また、如意輪寺ではこの日から菊まつりが開催されます。
如意輪寺の寺紋は、後醍醐天皇の忠臣であった楠公の家紋の菊水で、これにちなんで後醍醐天皇の生誕をお祝いし、たくさんの鉢植えの菊花で境内を彩ります。
今回のツアーでは、通常非公開の本堂にて営まれる開闢法要(かいびゃくほうよう)にご参加いただけます。

その後は南朝の皇居が置かれた吉水神社をご案内します。
ユネスコの世界遺産にも登録されている吉水神社は、初期書院造りの傑作といわれる書院(現在は屋根の修復中)の中に、南朝の古文書や武具など100点を超える宝物が残っています。後醍醐天皇がお座りになられた玉座もご覧いただけます。

最後に訪れるのが吉野神宮です。
後醍醐天皇がまつられている吉野神宮は、明治天皇によって創建され、後村上天皇が自ら刻まれたと伝えられる後醍醐天皇の尊像が吉水神社から移されて御神体とされています。
本殿、拝殿などは全て檜造りで、近代神社建築の代表作として高く評価されています。
今回は神主さんの案内で本殿に正式参拝をしていただけます。

 

後醍醐天皇の吉野での足跡をたどることができるこのツアー、定員は25名様ですので、お申し込みはお早めにどうぞ!

 

DSC_1807bDSC_1687b

 

【日時】2016年10月29日(土) 9:00  近鉄/JR桜井駅集合~16:00頃  吉野神宮駅解散
【旅行代金】6,400円(バス代・拝観料・昼食〈弁当〉・保険・税込み)
【定員】25名

≪主催≫一般社団法人 吉野ビジターズビューロー
(一社)全国旅行業協会 正会員 奈良県知事登録旅行業第3-196号
国内旅行業務取扱責任者 古賀 文子

奈良県吉野郡吉野町上市2060-1
TEL(0746)34-2522/ FAX(0746)39-9238

Older posts