吉野ビジターズビューロー最新情報

吉野観光の最新情報をお伝えします

Category: 吉野のこと

白銀の吉野山♪

全国的に寒い日が続いていますが、皆さまいかがおすごしですか?
吉野も一昨日から雪が降ったり止んだりしています。
近年、滅多に雪が積もることが無いので昨日・今日と吉野山で雪景色を撮影してきました!
しんと静まり返った吉野山は清々しい空気に満ち溢れていました。
撮影した画像の一部をご紹介します♪

【奥千本エリア】
resize0400resize0396
花矢倉展望台&高城山展望台付近から

resize0397resize0398
吉野水分神社

【上千本エリア】
resize0404resize0401
櫻本坊

【中千本エリア】
resize0405resize0407
如意輪寺

resize0409resize0410
金峯山寺

いかがでしたか?
明日頃までは雪が残っていると思われます。
貴重な雪化粧の吉野山に、ぜひお越しください(^^)/
お車でお越しの方は、冬用タイヤなどの装備をお忘れなく。

桜の季節が待ち遠しいですね~(^^;)

吉野ビジターズビューローのオリジナルポストカードが完成しました♪

あちらこちらで梅のお花が咲き、すっかり春めいてきた吉野です。
さて、吉野ビジターズビューローでは、お客様へのお便りを送るときや、キャンペーンなどで配布できるようにオリジナルポストカードを作成しました。

115554
ポストカードに使ったのは、四季折々の吉野山の写真。全て私が撮影した素人写真ですが、被写体の風景が素晴らしいので、ナカナカ良い出来に仕上がっていますので(^^;)
紹介させて頂きます!

resize0207
【春バージョン】一目千本からの桜
太閤秀吉公のお花見の本陣・吉水神社さんの境内にある展望所からの眺めです。

resize0205

【夏バージョン】金峯山寺 南朝妙法殿
蔵王堂から階段を下ったところにある、南朝皇居跡に建つ、美しい塔と新緑です。


DSC_0768
【秋バージョン】秋色の吉野山
春にはツツジの名所となる、高城山展望台へ向かうみち。秋は紅葉がとても鮮やかです。

resize0211

【冬バージョン】雪化粧の吉野山
花矢倉展望台から見下ろす、水墨画のような吉野山全景です。

これらのポストカード、一人でも多くのみなさまにお届けできたら嬉しいです!
まずは、3月21日(祝)に橿原神宮前駅にて開催される「吉野特急50周年・さくらライナー25周年記念キャンペーン」で配布予定ですので、お近くの方はぜひお立ち寄りください♪
もちろん、吉野町のゆるキャラ「ピンクル」も登場します!!

吉野ビジターズビューロー メルマガ会員さま募集開始しました!

098883
吉野ビジターズビューローのメルマガ会員さま募集を開始しました!
ご登録いただくと、ツアーやイベントなどの吉野情報を不定期でお届けします♪
登録フォームよりご登録ください(^^)
郵送でのDM配信も希望される方は、フォーム内にご住所の入力もお願いします!

resize0157resize0158

facebook-logo

メルマガに加え、森林セラピーツアー&イベント情報のFacebookページも、吉野ビジターズビューローのスタッフたちで更新しています。
ぜひ「いいね!」を押してください♪

森林セラピー①resize0160

吉野の郷土玩具・吉野雛♪

吉野山で唯一、郷土玩具の吉野雛を作られている「太田桜花堂」さんにおじゃましてきました♪
resize0126resize0125

吉水神社さんや東南院さんのすぐ近くにあるこのお店、和紙や法具も売っています。
今日は、吉野雛の工房を見学させていただきました。

resize0132resize0128resize0127

愛らしい表情のお雛さま、一つ一つお顔が違って、そこがまたカワイイ(^^)
店主の太田さん曰く、一日に2組ほど作るのが精いっぱいだそうです。

resize0131resize0133

吉野雛の歴史は古く、飛鳥時代に大海人王子(天武天皇)が吉野の離宮においでになったころ、吉野の豪族が桜の材を使って人形を制作して献上したのが始まりと言われています。

また、吉野にいらっしゃった後醍醐天皇にも献上されたそうです。

resize0129resize0122

先代の太田新一さんの作品も多く飾ってあります。

resize0123

工房で記念撮影にも応じてくださった太田さん、楽しいひとときをありがとうございました!
ぜひまたお邪魔したいと思います。

太田桜花堂さんへのアクセスはココをクリック(^^)/

西行庵に行ってきました♪

平安時代、吉野の桜を愛し、多くの歌を残した西行。
俗世を避け、吉野山の奥千本の小さな庵で3年間を過ごしました。
その庵は西行庵と呼ばれ、春は桜、秋は紅葉の名所として知られています。

DSC_0398DSC_0446
世界遺産の金峯(きんぷ)神社から徒歩約15分、西行庵へ向かう途中にある「苔清水」。
西行は「とくとくと 落つも岩間の苔清水 汲みほすまでも なきすみかかな」と歌を残しています。
また、西行を慕いこの場所を訪れた俳人・松尾芭蕉も「露とくとく 試みに浮世 すすがばや」と詠んでいます。

tuika3DSC_0491
苔清水から5分ほど下ると、西行庵があります。
この季節は、新緑がとても鮮やか。
いにしえの歌人に思いを馳せる、静かなひとときを楽しみました。

DSC_0457
西行庵を後にし、帰りは別ルートから。
紀伊山地の山々を一望する大パノラマを楽しみながらのウォークです。

DSC_0512DSC_0545
明治時代の廃仏毀釈までは、この辺りにはいくつかの寺院が点在していたそうです。
残念ながら、ここには往時の建物は残っていませんが、金峯山寺蔵王堂には安禅寺(あんぜんじ)のご本尊であった木造の金剛蔵王権現立像が今もまつられています。

DSC_0590DSC_0612
ここは、山岳信仰の聖地・山上ヶ岳(大峯山)への登山道でもあります。
「大峯奥駈(おくがけ)道」は、世界遺産にも登録されています。
この日は登山の用意をしていなかったので、散策はここまで。
次回は、もっと先まで行ってみようと思います。

DSC_0649
帰りには「花矢倉」に寄りみち。
吉野のまちはもちろん、遠く葛城山系まで見渡せる絶景スポットです。

たくさんの自然に囲まれて、静かな癒しの時間を過ごせる奥千本エリア。
ケーブル吉野山駅から奥千本口(金峯神社の下)までケーブルバスでも行くことができます。
ぜひ、足を延ばしてお出かけください。