吉野ビジターズビューロー最新情報

吉野観光の最新情報をお伝えします

Month: 10月 2014

11月2日「如意輪寺 菊まつり」フリマ情報⑤

11月1日から開催される「如意輪寺 菊まつり」

二日目のフリーマーケット情報、最後はオリジナルわんちゃんグッズ&その他もろもろのご紹介です。

DSC_5984dog
猫ちゃんたちのほかに、ワンちゃんも二匹いる如意輪寺。
とっても人懐っこくて、私もすぐに仲良くなりました♪

そして、今回のフリマでは、藤井寺の天誅(忠)組記念館の天忠犬・小春ちゃんのぬいぐるみも初登場予定です!
小春ちゃんぬいぐるみは1つ1,000円。とあるドッグショップの奥さまの手作りです。
一つ一つ微妙にお顔が違うので、ぜひお気に入りのコをおうちに連れて帰ってくださいね♪
古着100yen
そして、フリマならではのリサイクルコーナーでは古着やコスメ、雑貨、食器などを販売します。
100円均一コーナーもありますので、お見逃しなく!
resize0051
前回紹介した天誅組緋楓隊オリジナルポストカードのほかに、吉野山の紅葉ポストカード&如意輪寺の猫ちゃんの写真ポストカードもそれぞれ100円で販売します。
resize0050DSC_0730
如意輪寺境内では、初日の後醍醐天皇御生誕法要に備えて菊花の飾り付けが進んでいます。
法要は2014年11月1日(土)11時から。
通常非公開の本堂(如意輪堂)内にて行われ、ご本尊の如意輪観音さまを拝観できる貴重な機会でもあります。

DSC_0703DSC_0639jingu
【花矢倉展望台から(左画像)/吉野神宮にて(右画像) いずれも2014年10月30日撮影】

吉野山では桜を中心に、紅葉も進んできました。
秋の一日を、吉野山で存分にお楽しみください(^^)/

ちなみに、雨天でも法要やフリマなどの行事は行われますので、ご心配なく♪
皆様のご来場、楽しみにお待ちしています!

11月2日「如意輪寺 菊まつり」フリマ情報④

11月1日から開催される「如意輪寺 菊まつり」

二日目のフリーマーケット情報の第四弾は、お寺のオリジナルグッズ&「天誅組緋楓隊(ひふうたい)」オリジナルポストカードのご紹介です。

ぬいぐるみDSC_0599cat
まずは、如意輪寺オリジナルぬいぐるみのご紹介♪
「菊まつり」の初開催に合わせて、お寺の奥さんが一つづつロゴ入りリボンを結んだ猫ちゃんのぬいぐるみです!

DSC_0271catDSC_0439cat
大の猫好きの私、お寺の名物兄弟猫の「きくまる」と「らんまる」をイメージしたオリジナルグッズを!と提案させていただき、実現したグッズです。
きまぐれな二匹、当日も会えますように♪

緋楓隊ロゴ 1そして、天誅組緋楓隊のオリジナルポストカードもフリマに登場します!
天誅組に恋する女子たちの集まり、「緋楓隊」。
実は私も最近メンバーに入れて頂いたところです(^^;)

DSC_0629_tencyuDSC_0620tencyuDSC_0622tencyu
ポストカードのお値段は1枚100円。
隊の代表の松風さんが「菊まつり」のために書き下ろしてくれたオリジナル絵柄が登場します!
そのほかにも、大阪の藤井寺にある「天誅(忠)組記念館」とのコラボの河内勢バージョンや、私の大好きな吉村寅太郎含む三総裁&那須信吾など全9種類。
ぜひ、フリマ会場でコンプリートしてくださいね!

 

緋楓隊ウェブサイトへは、コチラのバナーをクリック→

 

天誅組さきがけの道ウォーキングin東吉野 無事終了しました!【後編】

天誅組三総裁のひとり・吉村寅太郎の命日、9月27日に開催した「天誅組さきがけの道ウォーキングin東吉野」のレポート、前編に続く続編です。

DSC_0424DSC_0504DSC_0409
「レストランあしびき」さんで美味しいランチを頂いた後は、雲一つない晴天のもと、ウォーキング開始。
総裁の藤本鉄石と松本 奎堂(まつもと けいどう)をはじめ、6名が眠る「湯ノ谷墓地」へ。
阪本先生、上辻さんのお話しを聞きながら、無念の思いで散って行ったであろう志士たちに思いを馳せるひとときでした。
DSC_0545DSC_0573
そして、天誅志士たちの菩提寺である龍泉寺へ。
ここでは、なんと吉村寅太郎らのお位牌を拝ませていただいたうえ、戦いの遺物と伝わる砲丸まで見せて頂き、皆さん大喜びでした。DSC_0586
バスの車窓から、鍋島米之助戦士の地や山崎吉三郎召捕の地を見学した後は、寅太郎らが眠る明治谷(みょうじだに)墓地へ。
一つ一つの墓石の解説などもして頂き、皆さん熱心に聞き入っておられました。
DSC_0637DSC_0640DSC_5867new
記念撮影をした後、那須信吾ら決死隊たちが突撃した出店坂を下り、激戦の地となった旧鷲家口を歩きました。
ここでは、御菓子司 西善さんというお店で、楠木正成公の「菊水」をイメージした「紅葉水」の焼印が付いた「さきがけ」というおまんじゅうを買うことができます。
このおまんじゅうは、昨年の天誅組150周年を記念して作られたものだそうで、中には甘さ控えめのこしあんが詰まっています。

DSC_0712sDSC_0705
最後の立ち寄りスポット、丹生川上神社では、宮司さんが講話をしてくださりました。
丹生川上神社は、白鳳4年(675年)、天武天皇の時代に創建された古社。
ご祭神は、水に関する一切をつかさどる罔象女神(みづはのめのかみ)です。
神武天皇の聖蹟顕彰碑も境内にあり、歴史の重みを感じました。

名残惜しいながらも東吉野村を出発し、帰りの車内では上辻さんが生き残った天誅志士たちの足跡を解説してくださり、たっぷり天誅組三昧の楽しい一日でした。
ご参加くださったお客様、ツアーにご協力くださった皆様にこの場を借りて厚くお礼を申し上げます。
また近いうちにお会いできる日を楽しみにお待ちしております!ありがとうございました。

11月2日「如意輪寺 菊まつり」フリマ情報③

11月1日から開催される「如意輪寺 菊まつり」。

二日目のフリーマーケット情報の第三弾は、「塗仏商店(ぬりぼとけしょうてん)」のご紹介です。

ほとけグッズショップ「塗仏商店」は、仏(ホトケ)をモチーフにした雑貨店。
コンセプトは「日常生活にホトケを」。

DSC_0528DSC_0529
【Tシャツ(左画像) 各3,500円/散華ステッカー(右画像) 各300円】

DSC_0553DSC_0546
【ワッペンバッジ 各800円】

DSC_0558DSC_0539
塗仏(ぬりぼとけ)は日本の妖怪。
グッズは塗仏くんが作成しています。奈良大好き!仏像大好き!そんな思いがホトケ雑貨を作らせる。
実店舗、ネット販売なしのレアグッズたち、菊まつりフリマでgetしちゃってくださいね♪

11月2日「如意輪寺 菊まつり」フリマ情報②

 

11月1日から開催される「如意輪寺 菊まつり」。

二日目のフリーマーケット情報の第二弾は、「さくらさかせるぞう」のご紹介です。

キャプチャzou

タオルハンガー「さくらさかせるぞう」は、福島県いわき市にある、泉玉露の仮設住宅に住む女性たちが自立支援のためにはじめられた活動です。

20140409nityuuapu20140409nyutyuutonneru

【富岡第二中学校東側の桜トンネル(富岡町ウェブサイトより)】

彼女たちの故郷は、東北地方・福島県有数の桜の町として知られる富岡町。
春になると2000本の桜が咲き誇り、夜の森公園では毎年桜まつりが行われていました。
それはそれは美しく、町民自慢の桜でしたが、今では近くて遠い故郷です。

富岡町は3月11日の大震災で激震と津波で被害に遭い、その後原発事故で「全町民避難」という生活を送っています。

sakurasakaseruzou2(1)

避難先のいわき市で、美しい桜並木に思いを馳せつつ、これからの方向性を模索しながら、仲間と一緒に「さくらさかせるぞう」を一枚のタオルから手縫いで作っておられる皆さん。

このぞうさんを通して色々な人々とつながりを持てているのは大きな励みだといいます。

sakurasakaseruzou2(3)

皆さんは、「さくらさかせるぞう」の収益金から、仮設住宅の一人暮らしの高齢者の方たちを招いて食事会を開いたりする活動も行っておられます。
手作り品のため、一つ一つ表情の違うカワイイぞうさんたちは、1個500円です。

吉野山と富岡町。同じ桜の名所というご縁もあり、一人でも多くの方にこの活動を知って頂くキッカケになれば嬉しいですね(^^)

11月2日「如意輪寺 菊まつり」フリマ情報①

11月1日から開催される「如意輪寺 菊まつり」。
二日目に境内でフリーマーケットが開催されます。

今回はその中から、2軒の出店者さんたちのご紹介です。

【ホームメイドスイーツあゆみ工房】
あゆみあゆみ2
・焼菓子・クッキー・タルトなど
・三重県東紀州産地直送のみかん

~手作りだからこその本当の美味しさ~をコンセプトに、橿原市の自宅で工房を構えるお菓子屋さんです。
無店舗で、イベント出店・卸・注文販売を主にしています。
月イチでカットケーキ販売・ケーキバイキングも開催。

【ギャラリー寿庵】
すっみ2すみ
・麻マクラメ編みアクセサリー(天然石、吉野の桜等使用)
・手描き絵のポストカード

古来より高い振動を持ち神聖な植物とされる麻を使って天然石や吉野の桜、楓などを編み込みアレンジしたアクセサリーは、金属アレルギーの無い方にもやさしくて付けやすいと喜んでいただいております。
お好みのパーツでオーダーメイドも承ります。

フリーマーケットは11月2日(日)10時~15時に開催予定です♪
もちろん、入場無料ですので、ぜひ遊びに来てくださいね!

【如意輪寺 菊まつり 会場アクセス】

〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山1024
TEL: (0746)32-3008 / FAX: (0746)32-1828

近鉄吉野駅から徒歩約35分(タクシー7分)   駐車場あり(無料)

天誅組さきがけの道ウォーキングin東吉野 無事終了しました!【前編】

天誅組三総裁のひとり・吉村寅太郎の命日、9月27日に開催した「天誅組さきがけの道ウォーキングin東吉野」、27名様のご参加を頂き、無事に終了いたしました。
DSC_0248DSC_0251
桜井駅を出発し、途中の多武峯街道で天誅志士・土佐出身の楠目清馬のお墓&遺品を展示している談山神社の紹介をしながら、最初の目的地「如意輪寺」へ。

DSC_0305DSC_0286
如意輪寺は南朝ゆかりの寺として知られている古刹です。
到着してすぐに、ご住職からお寺の歴史や隣接する後醍醐天皇陵についてのお話があり、皆様熱心に聞いておられました。
また、東吉野村天誅組顕彰会の上辻さんから、天誅組総裁・藤本鉄石の顕彰碑を皆様にご紹介いただきました。
DSC_0264DSC_0271
如意輪寺の名物兄弟猫「きくまる・らんまる」も皆様をお出迎え♪
DSC_0328sDSC_0371s
如意輪寺を後にし、東吉野村へ。
今夏まで東吉野村教育長を務めておられた阪本先生と合流し、まずは「吉村寅太郎原えいの地」へ。山中で見捨てられ、身を潜めていた寅太郎でしたが、藤堂兵に見つかってしまい最期を遂げました。
この場所は最初に寅太郎を埋葬した場所だそうで、近くに「天誅組終焉の地」の石碑も建っています。
DSC_0039
また、寅太郎の辞世の歌の歌碑もあります。
「吉野山 風にみだるるもみぢ葉は 我が打つ太刀の血煙と見よ」と遺し、27歳の生涯を終えた寅太郎に思いを馳せながら、ツアーは続きます。

≪後編(後日公開)へ続く≫