天誅組三総裁のひとり・吉村寅太郎の命日、9月27日に開催した「天誅組さきがけの道ウォーキングin東吉野」、27名様のご参加を頂き、無事に終了いたしました。
DSC_0248DSC_0251
桜井駅を出発し、途中の多武峯街道で天誅志士・土佐出身の楠目清馬のお墓&遺品を展示している談山神社の紹介をしながら、最初の目的地「如意輪寺」へ。

DSC_0305DSC_0286
如意輪寺は南朝ゆかりの寺として知られている古刹です。
到着してすぐに、ご住職からお寺の歴史や隣接する後醍醐天皇陵についてのお話があり、皆様熱心に聞いておられました。
また、東吉野村天誅組顕彰会の上辻さんから、天誅組総裁・藤本鉄石の顕彰碑を皆様にご紹介いただきました。
DSC_0264DSC_0271
如意輪寺の名物兄弟猫「きくまる・らんまる」も皆様をお出迎え♪
DSC_0328sDSC_0371s
如意輪寺を後にし、東吉野村へ。
今夏まで東吉野村教育長を務めておられた阪本先生と合流し、まずは「吉村寅太郎原えいの地」へ。山中で見捨てられ、身を潜めていた寅太郎でしたが、藤堂兵に見つかってしまい最期を遂げました。
この場所は最初に寅太郎を埋葬した場所だそうで、近くに「天誅組終焉の地」の石碑も建っています。
DSC_0039
また、寅太郎の辞世の歌の歌碑もあります。
「吉野山 風にみだるるもみぢ葉は 我が打つ太刀の血煙と見よ」と遺し、27歳の生涯を終えた寅太郎に思いを馳せながら、ツアーは続きます。

≪後編(後日公開)へ続く≫