地元だからこそわかる吉野の魅力をご案内している「見聞悠学之旅」。
2018年もとっておきの吉野に関わる歴史・伝統芸能・文化・自然を満喫できる旅をご用意しました。

ツアー第一弾は、毎年好評をいただいている「国栖奏を学ぶ旅」です。
国栖奏(くずそう)は、毎年旧正月十四日に天武天皇を祭る浄見原神社で古式ゆかしく行われます。
舞翁や笛翁、鼓翁、歌翁らが神官に導かれて舞殿に登場し、朗々とした歌翁の声とともに、舞翁の振る鈴の音が冷えきった空気にこだまして、参拝の人たちの胸に古代の息吹をよみがえらせてくれます。

今回のツアーでは、まず事前に吉野歴史資料館の池田館長に説明をいただき、映像を見ながら国栖奏について学んでいただきます。
食事は地元人気店の柿の葉寿司「平宗」で、温かい鍋焼きうどんと柿の葉寿司をご賞味いただきます。
その後、浄見原神社へと向かい、国栖奏をご覧いただきます。
(※当日は多くの見学者の為、混雑が予想されます。あらかじめご了承ください)
なお、会場においても池田館長が解説いたします。
最後は吉野の手造り醤油屋さん「梅谷醸造元」で買い物をしていただけます。

前回は一面雪景色の中厳かに執り行われました。
毎年寒い時期ですが、多くの方にご参加いただいておりますので、お早めの申し込みをお待ちしています!

 

 

■2018年3月1日(木)「国栖奏を学ぶ旅」
■参加費:6,980円(バス代・ガイド・拝観料・昼食付)
■集 合:近鉄  大和上市駅 午前10時00分
■定 員:25名(最少催行人数15名)
■コース:大和上市駅→吉野町中央公民館…平宗(昼食)→浄見原神社→梅谷醸造元→15:30頃 大和上市駅
(凡例:→ バス、… 徒歩)