2017年9月から始まった朝日カルチャーセンターとの協力講座「吉野塾」。
奈良・吉野の深い歴史や雄大な自然、伝統の産業やものづくりに触れ、吉野にゆかりのある社寺を巡ることができるとっておきの講座をご用意しています。
今回は2018年1月から3月に予定されている講座をご案内いたします。

 

1.なら六観音華絵巻③聖林寺の十一面観音菩薩と南天~マンダラ特別公開~
日時:2018年1月23日(火)9:30~12:00
集合:近鉄桜井駅南口
受講料:3,240円(特別拝観料込)

3回目となる六観音華絵巻は、奈良時代の名作、国宝・十一面観音菩薩で有名な藤原家の氏家、妙楽寺(現・談山神社)の別院として創建された古刹「聖林寺」を訪ねます。住職の講話と十一面観音菩薩やマンダラ特別公開、紅白の南天も見ごろです。オリジナルポストカードプレゼント。

 

2.大海人皇子と壬申の乱~挙兵の地・吉野歴史資料館で学ぶ~
日時:2018年3月5日(月)9:20~12:00
集合:近鉄大和上市駅
受講料:2,970円(入館料、資料代込)

壬申の乱は、大海人皇子と大友皇子の両陣営が皇位をめぐり、激しい戦闘を繰り広げ、まさに古代最大の内乱と呼ばれるに相応しい大乱でした。この大乱で、大海人皇子が挙兵したのが吉野宮でした。小勢の一行がどのようにして不破に至ったか、この道筋を辿ることで大海人皇子の戦略を考えてみたいと思います。

 

3.吉野川の清流でものづくり 美しい日本遺産“国栖の里”で陶芸体験~国栖窯のオリジナル陶器皿を作ろう~
日時:2018年3月23日(金)9:20~12:00
集合:近鉄大和上市駅
受講料:4,860円(材料費、作品送料、おやつ代込)

悠久の歴史と豊かな自然が作り出す国栖の里。この地に魅せられて国栖窯の工房を開き15年、吉野を感じられる陶器を作り続けています。今回は皿作りを楽しんでいただきます。講座終了後、国栖窯の陶器でお茶をいれ、地元で人気のおやつをいただく予定です。※作品は乾燥。窯焼きを経て、1~2ヶ月後にご自宅へ配送予定。

 

4.悠久の風景 吉野の道 吉野町森林セラピー~吉野・宮滝万葉コース~
日時:2018年3月29日(木)10:00~16:00
集合:近鉄大和上市駅
受講料:5,500円(昼食代、おやつ代込)

吉野は古代から歴史舞台に登場し、今もその面影を残す美しい風景や手入れされた美林、青々とした山々や清流があり、人々の心と体を癒し、元気にしてくれます。平成24年奈良県下で初めて「森林セラピー基地」の認定を受けました。今回のコースは“吉野・宮滝万葉セラピーロード”(約6.5km)を歩きます。セラピー弁当とおやつ付きです。

 

5-1.〈吉野大峯・高野観光圏協議会協力〉悟りの聖地・吉野大峯を深める① 弘法大師・空海がたどった吉野

日時:2018年2月12日(月・祝)10:20-15:00
集合:近鉄大和上市駅
受講料:全2回受講9,000円/1回受講4,800円(昼食代込)

聖地・高野山をひらいた弘法大師・空海。彼が若い頃、吉野大峯でも修行していたことは、自伝的著作『聾瞽指帰(ろうこしいき)』にも記されています。吉野にある空海ゆかりの地から、彼の修行の足跡を、修行僧でもある大師山妙法寺住職とともに考えます。昼食は吉野の食材を生かした仕出し専門店によるお弁当付き。

 

5-2.〈吉野大峯・高野観光圏協議会協力〉悟りの聖地・吉野大峯を深める② 空海と聖宝-いにしえの修行道-
日時:2018年3月18日(日)9:15-16:30
集合:近鉄下市口駅
受講料:4,800円(昼食代込)

京都醍醐寺の開祖・聖宝。彼は、高野山を開いた先師・空海にあこがれて、吉野大峯に修験の聖地をひらいた伝説の人物です。そのゆかりの地・黒滝村で、聖宝にまつわる謎を読みといていきます。昼食は「特製鶏団子とやわらかへそ餅の具だくさん雑煮」(第4回奈良県あったかもんグランプリ最優秀賞)と、黒滝名物の手作りこんにゃくをお楽しみください。

 

お申し込みはこちらから↓
朝日カルチャーセンター中之島教室|吉野塾講座一覧
https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/list?fee_word=%E5%90%89%E9%87%8E%E5%A1%BE&selected_school_id=20